国際紙パルプ商事株式会社(代表取締役 社長執行役員CEO:田辺 円、本社:東京都中央区、以下:当社)は、経済産業省主導で設立された「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(以下、CLOMA)」に入会いたしました。

 

CLOMAは、地球環境の新たな課題である海洋プラスチックごみ問題の解決に向け、プラスチック製品の持続可能な使用や代替素材の開発・導入を推進し、イノベーションを加速化するため、2019年1月18日に設立されました。現在、159社・団体(2019年1月11日時点)が参加。(経済産業省ホームページのニュースリリースより抜粋)

「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」概要

<br/><CLOMAのロゴ>
拡大

<CLOMAのロゴ>

地球規模の新たな課題である海洋プラスチックごみ問題の解決に向けた取り組みを世界全体で推進することが求められています。海洋プラスチックごみを削減するためには、ポイ捨て防止の徹底をはじめとする廃棄物の適正管理に加え、プラスチック製品の3Rの取り組みのより一層の強化や、生分解性に優れたプラスチック、紙等の代替素材の開発と普及を促進することが重要です。


これらを踏まえ、幅広く関係者の連携を強めイノベーションを加速するため、
①素材の提供側と利用側企業の技術・ビジネスマッチングや先行事例の情報発信等を通じた情報の共有
②研究機関との技術交流や技術セミナー等による最新技術動向の把握
③国際機関、海外研究機関等との連携や発展途上国等への情報発信などの国際連携
④プラスチック製品全般の有効利用に関わる多様な企業間連携の促進
等に取り組むための実務母体として、「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」が設立されることとなりました。

 

当社は、紙の専門商社として、これまで培ってきた取引ネットワークを活かし、「クリーン・オーシャン」の実現に向けた取り組みを進めてまいります。
 

関連情報

<本件に関するお問い合わせ>

経営企画部 IR・広報課 TEL:03-3542-4169