「国際紙パルプ商事グループ企業行動指標」の制定について

当社は1924年の設立以来、豊かな紙文化を通じて会社と社員の繁栄と社会の発展に寄与すべく事業展開をしてまいりました。
グローバル化する中で多様な経営課題が顕在化する今日、グループ企業として法令等を遵守し、社会的責任を果たし、将来にわたり発展し続けるため「国際紙パルプ商事グループ企業行動指標」を定めました。
社内におけるCSR体制を一層充実強化し、役員、従業員一人ひとり並びにグループ企業全体が自覚をもち、信頼を更に高め、継続的に社会貢献できる企業をめざし「国際紙パルプ商事グループ企業行動指標」を遵守して行動することを宣言します。

 

制定日2007年3月27日
改訂日2013年6月25日
国際紙パルプ商事株式会社
代表取締役 社長執行役員 CEO 田辺 円

国際紙パルプ商事グループ企業行動指標

  1. 「法令等の遵守」
    国内外の法令・ルールおよびその精神を遵守し、社会規範を尊重した経営を行います。
  2. 「公正・自由・透明な事業活動」
    公正・公平・自由な競争に基づき、透明で適正な事業活動を行います。また、政治や行政との健全かつ正常な関係を維持します。
  3. 「社会や取引先からの信頼の獲得」
    社会の発展に幅広く貢献する有用な商品やサービスを提供するとともに、個人情報・顧客情報の保護に十分配慮し、取引先・ユーザーからの信頼を高めるため、誠実に行動します。
  4. 「社会貢献活動の推進」
    企業活動を通じて収益の社会への還元に努め、広く地域および社会の発展に貢献します。
  5. 「積極的な企業情報の開示」
    株主を含む全てのステークホルダーに対して企業情報を適切に開示し、社会との良好かつ積極的なコミュニケーションに努めます。
  6. 「国際社会との共生」
    国際社会の一員として、国際行動規範を尊重し、事業活動を通じてその地域の発展に貢献します。
  7. 「職場環境の充実」
    従業員の人格・個性が尊重される健康で働きやすい職場環境の確保により、従業員それぞれのゆとりと豊かさの実現を目指します。
  8. 「自然環境との調和」
    自然環境との共生・調和を図り、豊かな未来を共有できる社会の実現に貢献します。
  9. 「反社会的勢力との関係遮断」
    警察等関係機関との緊密な連携を保ちながら、全社結束して反社会的勢力との関係を遮断します。